紹介予定派遣の仕組み

紹介予定派遣の仕組みについてご紹介します。|

お問い合せ

紹介予定派遣の仕組み

紹介予定派遣とは、一定期間派遣スタッフとして企業で就業したのちに、派遣先への社員(正社員・契約社員)として採用を予定している派遣形態です。 派遣期間終了後、スタッフ側と企業側の双方が互いに社員としての雇用を望めば、雇用契約を交わすことになります。 正社員就業を希望するスタッフと、正社員雇用を目的としている企業によって成立するこのシステムは、 一定期間の「派遣」という雇用形態をとることで双方のミスマッチを減少させることができます。 正社員採用はあくまで両者合意の上です。

紹介予定派遣のシステム

企業・派遣スタッフともに、派遣期間終了後、派遣先での直接雇用が前提ということを理解した上で、紹介予定派遣契約をスタートします。 派遣期間は3ヶ月~最長6ヵ月です。その間に派遣スタッフのスキル等を見極め、社員登用の判断を決定していただきます。 派遣契約期間終了直前に、企業と派遣スタッフとの双方の意思を確認させていただきます。 意思確認の結果として、双方が雇用を望めば、雇用契約を交わすことになります。→紹介予定派遣の登録から就業までの流れ

紹介予定派遣のメリット

この紹介予定派遣をご利用いただくことにより、さまざまなメリットを得られます。

企業側のメリット

  • 会社や業務内容の良さを十分に理解してから働いてもらうことができます。
  • 面接だけでは深く分からない人柄、やる気、スキルを見ることができます。
  • 募集コストや採用業務を派遣会社に任せることによりその分の負担を軽減することができます。

スタッフ側としては

  • 興味がある仕事や、今までの経験とは異なる職種・業種に挑戦し、不安や心配を解決することができます。
  • 派遣期間中に職場の雰囲気や、仕事の適正などを見極めることが可能です。
  • 面接などで伝え切れなかった自分の熱意や、スキルを改めてアピールすることが出来ます。
  • 入社前提でお仕事をしていただくので、派遣期間中から積極的に仕事に関与出来ます。

紹介予定派遣のQ&A

Q.派遣での就業期間はどのくらいでしょうか?
A.3ヶ月~6ヶ月です。
Q.派遣スタッフとしての就業期間後に、
  更に派遣就業を延長されることはあるのでしょうか?
A.ありません。最長6ヶ月間が派遣就業の期限です。
Q.必ず正社員として雇用されるのでしょうか?
A.いいえ。契約社員として雇用される場合もありますし、企業側が正社員、契約社員ともに雇用を断る場合もあります。 派遣就業時に条件をよく確認しておくとよいでしょう。社員雇用を断られた場合は最長6ヶ月間の派遣期間のみでその企業の就業は終わります
Q.企業から社員雇用を希望されても断ってよいのでしょうか?
A.はい。断れます。お互いの合意を前提としたシステムですから、実際に働いてみた結果として、ご自身が望まないのでならば社員雇用を自体することは、いっこうに構いません。 逆に企業側から社員雇用を断られる場合もあります。(「Q.必ず正社員として雇用されるのでしょうか?」参照)
Q.派遣から社員雇用へ移行した後に、
  社員としての試用期間はあるのでしょうか?
A.試用期間はありません。派遣スタッフとして働いていた期間中に試用期間が含まれていたという解釈で問題ありません。
Q.派遣期間中は保険に加入できるのでしょうか?
A.社会保険(健康保険、厚生年金)、雇用保険には一定の条件を満たした場合、加入していただきます。
Q.面接や筆記等の採用試験はあるのでしょうか?
A.求人案件や企業によっては、派遣就業前に履歴書の提出、面接試験、筆記試験を行います。

お問い合わせ

ページトップへ