株式会社アストン

日本流おもてなし

海外に来ると都合下の名前を名乗ることが多いのですが、

だいたい「トモ」と名乗ると

トモ > トマ > トーマス

となってこうなります。

IMG_4044

 

 

 

 

 

どうも。機関車のように移動し続けるトーマスです。
 
フランスのリヨンというところに来ました。

リヨンは丁度ユーロというサッカーの大会が開催されているし宿が高そうだったので行く予定は無かったのですが、友達から泊めてやるから来いと言われたので行くことにしました。
 
友達のサキは5年前に同じようにリヨンに来た時にメトロに乗っていて自分が持っているスケートボードをジロジロみて話したそうにしてたので、話しかけて仲良くなりました。
 
彼は昨年初めて日本に来たのですが、その時自分は同行出来なかったのに、今回「俺の家はお前の家だ」と言ってくれたとてもいいやつです。
ちなみに自分はその時北海道旅行に行ってました。
本当にスマン。
 
サキとは年齢が10歳離れているのですが、お互い精神年齢が中学生くらいなので余り問題になりません。
 
1日に5回ほど「Tomo! Are you happy?」
と聞いてくるので毎回丁寧に答えていればOKです。
 
泊めてもらうお礼にお寿司を作ることにしました。
 
近所のカルフールに行って食材を調達します。

調達した食材
・きゅうり
・サーモン 
・寿司米(ただの白米) 
・醤油 
・わさび 
・のり  
・お酢

最初は酢飯だけ作って自分で好きな具材(サーモン or きゅうり)を選んで手巻きで食べてもらおうと思ったのですが、サキが途中でこれは使わないのか?と何処からか寿司作成キットを持って来たのでそれを使いました。
 
IMG_4049お椀の向こうにあるのが謎の寿司作成キット

 

 

 

 

 

 

そして完成したのがこちらです。

IMG_3685左下:サーモンの押し寿司
右下:サーモンときゅうりの巻き寿司
真ん中:サーモンの巻き寿司ときゅうりの巻き寿司
上:付け合わせのきゅうり

 

 

 

  突然の寿司作成キットの登場で心の準備が出来ていなかったとはいえ、余りの形の悪さに自分でも少し引いたのですが、ふとサキの方を見るととても嬉しそうに写真を撮っていて彼女に送って自慢すると言っていました。
 
自分は最初その出来栄えの悪さとサキの喜びようのギャップに戸惑いを隠せませんでしたが、本人があんなに喜んでいるんだし日本の伝統的な食文化を広められてむしろ誇らしい気持ちになりました。
 
みなさんも簡単に作れてとても喜ばれるので外国の方にお寿司を作ってあげては如何でしょうか?

ではではBon-appetit!
 
IMG_36862日目のカリフォルニアロール

最近のニュース
過去の記事
PAGETOP