株式会社アストン

電話でわかる「君の名は。」

こんにちは、アウトソーシングセンターのTです。

半年ぶりぐらいなのですが、また記事を書いてみようと思います。

更新しなさすぎてごめんなさい笑

それとなんとなくタイトルで釣られてしまった方ごめんなさい。

 

タイトルを改めるとすると、今回は…

<電話で注文や申込みを受けるときのポイント(お名前編)>

っていうそこそこ実用的(?)な内容でいきます。

 

%e5%90%9b%e3%81%ae%e5%90%8d%e3%81%af%e3%80%82

 ※読む人によっては全然面白くないので、上の写真がメインで下の文章がおまけのつもりで読んでいただければ幸いです。お時間のある方は「須賀神社 君の名は。」で画像検索してみて上の写真と比較してみましょう。

 

 

まず電話のような言葉だけのやり取りだと、同じことを同じ言葉で伝えても受け取る(聞く)側が別の人になると解釈も変わるってよくあることだと思います。

だがしかし!

なんつっても私たちは仕事として電話の対応をしているため、「10人中8~9人の認識が一致する」レベルでは確認が甘いのかなと。

ということで、「誰が確認しても漏れがない」レベルを目指します。

 

そこでちょっと細かいんですが、お客様のお名前を確認する際の電話対応上のあやしい部分に関わるポイントを3つ挙げてみます!

(ぜひ参考にしてくださいね~!)

 

 

 

①フリガナ(読み方)の注意点

 

フリガナに関して言いますと、「ジ(ヂ)」って音と「ズ(ヅ)」って音は要注意です。

例えば「シズコ」さんと「シヅコ」さんの場合はどちらも音にすると一緒です。

※「静子」さんはどちらで変換しても出てきます。

漢字の書き方を聞けばフリガナもある程度特定されてほぼ解決できる部分ではありますが、例えば顧客情報をお名前のフリガナで検索をするとかそういう作業をする際には、フリガナを間違えないようにすることはかなり重要なポイントになります。

マジでフリガナ要注意です!

失礼ながらもお客様の発音が聞き取りづらいケースなどは、無理に何度もお名前のフリガナから聞き直そうとせずに、まず先に漢字の書き方を聞く方が早くて正確ということもあります。

(マニュアルにフリガナから聞くようにと書いてあったとしても、こんな感じで臨機応変に対応できるといいですね。)

 

 

 

②同じ読み方をする言葉の注意点

 

お名前の漢字の確認をするときは別の言葉の漢字で聞くことがあると思いますが、さらに別の言葉も聞かなければいけないパターンもあります。

例えば「ケイコ」さんというお名前の方の場合です。

「ケイコ様のケイはどのように書きますか?」と確認する場合に「ハイケイの【ケイ】」と回答が返ってくることがあります。

この回答だけで判断していないでしょうか?

この回答に対して判断するとだいたいは「啓子」さんか「景子」さんの2通りになります。

ハイケイという言葉が【背景】だったり【拝啓】だったり複数あるんですよね。

だから「お手紙などの【拝啓】の啓でしょうか?」や「景色の【背景】の景でしょうか?」などのさらなる二重の確認が必要となるわけです。

パソコンで変換しながら確認ができればもっと確認不足のミスの発生を抑えることはできるでしょう。

※私は(北川)景子さん派です。

 

 

 

③漢字ではなくひらがなやカタカナの注意点

 

お名前の漢字の聞き取りの際に「漢字ではどのように書きますか?」という質問に対して、「ひらがなです。」もしくは「カタカナです。」という回答が返ってくることがあります。

それだけで判断をするのはちょっと甘いんですね。

例えば「ヨシコ」さんという方が「名前はひらがな」と回答した場合、「よし子」さんまたは「よしこ」さんになるケースがあります。

この際にミスを防ぐには「ヨシコ様の【コ】は子どもの子でしょうか?」とか「ヨシコ様は3文字ともひらがなでしょうか?」などの確認が必要です。

経験上このような対応が発生するのはお名前の末尾が【コ】の方以外には、末尾が【ミ】の方も多い気がします。

(ド○えもんの妹さんのお名前はしっかりと書けますか?)

 

 

ほかにも環境依存文字の方とかいろいろありますが、ひとまずお名前確認の注意点としてはこんな感じでしょうか。

 

 

~まとめ~

いろいろと長く書きましたが、お客様に対して細か~くお名前を確認するのは、ときには失礼なことだと捉えられるかもしれません。

それでも確認が甘いせいでお名前を間違えてあとになってから問題が発生してしまうことの方がよっぽど失礼だと思います。 (※聞きすぎにも限度がありますけど。)

 

「聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥」という諺がありますが、まさにそれです。

「聞くは一時の失礼、聞かぬは一生の失礼」

電話対応に関してはそれぐらいの意識でもいいんじゃないかな~と思います。

 

以上となりますが、また機会があれば電話対応に関する記事を書こうと思います。

(※ウケが悪かった場合は、今回で最終回となります)

 

T

P.S. 「君の名は。」面白かったです。早くレンタル出ないかな~。

家に帰るまでが映画鑑賞ではなく、聖地巡礼をするまでが映画鑑賞です。

映画『君の名は。』公式サイト  ※参考までに

最近のニュース
過去の記事
アウトソーシングセンター

所在地
〒336-0024 埼玉県さいたま市根岸3-16-18
TEL : 048-711-2418 FAX : 048-711-2417

PAGETOP