株式会社アストン

フリースタイルフットボール「ブカツ」

アストンでお手伝いしている、日本フリースタイルフットボール協会のイベント「ブカツ」に行ってきました!

毎月1回、浦和駅東口パルコ前でフリースタイルフットボールを無料で教えるイベント「ブカツ」では、たくさんのフリースタイラーや、将来のフリースタイラー達が技を練習しています。

 

 

そんなブカツには、世界大会優勝者のフリースタイラーも来てくれてます!

2015年にチェコで開催されたフリースタイルフットボールの世界大会「SuperBall 2015 Double Routine部門」に”YOSSHI&YU-J”初出場で”4連覇中”のフランス人ペアを破り優勝!

 

ALEG-Re (アレッグ)
https://aleg-re.com/

 

【世界大会決勝の動画はこちら】

 

Red Bull Street Style World Finals 2012 Italy チャンピオンの徳田耕太郎くんも顔だしてくれました。

 

6E3A5712

当日参加していたフリースタイラー達は大興奮!子供達にも大人気でした。

 

誰でも参加無料です!フリースタイルフットボールの世界をまだ知らないあなた、一度参加してみませんか?

【日本フリースタイルフットボール協会】
http://www.jffa.jp/

 

秋ヶ瀬フェス2016竹林ステージ

2016年7月31日に「秋ヶ瀬フェス2016」が開催されました。

13458502_234454000274703_6449099986426830290_oさいたま解放区、秋ヶ瀬。心と身体の源流、荒川。緑溢れ鳥宙を舞い風香る、街の隣の別天地「秋ヶ瀬」はかつて音楽のパッション溢れる場でもありました。河川敷の農家の竹林が舞台。地元を中心にユニークな活動をしているミュージシャンや飲食店が集いました。

 

 

 

 

 

怪しい雲行き、雨の予報の中、秋ヶ瀬フェス第一回目が始まった。多少雨が降ったものの雨雲は秋ヶ瀬上空をそれて野外フェスとして最高の天気となった。伝説となるイベントは色々な常識を覆す。

6E3A0666

 

さいたまの人達が先頭切って手作りで行うフェス。

6E3A0665

 

出演バンドは10組を超え、各バンド秋ヶ瀬の野外にふさわしい気持ちのいい音楽を演奏している。

6E3A0677

 

雨予報だったのに。

ファイル-2016-08-04-17-26-21

 

その場で作る燻製の香りに引き寄せられ気がつくと買ってしまう魔法の食べ物。

ファイル-2016-08-04-17-26-52

 

ビールと言えば焼き鳥。焼き鳥とトマトのみ販売しているこのブースは「焼き鳥ももちゃん」何を食べてもハズレなし。

ファイル-2016-08-04-17-26-37

 

駄民具のダミラ昭和の香りにふらふらと立ち寄ってしまう。思考が小学生に戻り気がつくと何時間も物色している。モスラを演奏することになっていたのでこのイラッとするモスラを買ってステージに持って行こうと思ったのだがパートがドラムで使う場所がないために断念した。心残りの一品。

moth

 

天気も食べ物もサウンドも最高のフェスになり、その場にいるみんなと同じ風を感じられることに感動した。

そんな愛と平和に溢れた秋ヶ瀬フェスになぜか呼ばれてしまった

「恋☆HELLペス」

 

6E3A0878

 

曲が始まると会場の空気は一変。子供達はステージ前から姿を消し、ロックに操られてしまったオーディエンス達は必死に抗うが、抵抗虚しく踊らされてしまう。気がつくと体力は奪われ意識は朦朧としている。山奥の農村で昔から行われている何かの儀式のようだ。

踊らされずにその模様を録画していた方がいたようだ。その冷静で的確に状況を説明してる解説に涙した。

 

 

ラトビアに来ました

どうも!かなやです。

バルト三国真ん中の国ラトビアのリガというところに来ました。

ラトビアの印象は、まず他のヨーロッパの国と比べて意外と英語が通じるということです。

母国語以外にかなり年配の人でも上手に英語を話しますし、加えてロシア語、ドイツ語などもいけるみたいです。

リガ市内はカフェ、レストランだけでなく市内のある範囲にもフリーWiFiが飛んでいたり、コンビニ的な店にも電源とテーブルがあって非常に便利です。

田舎の方はひたすら森が続いていて、ブルーベリーやキノコがたくさん生えていたり、道路も未舗装だったりとあまり開発されておらず自然がとても美しいです。

手作りのものが有名で日本でも良くミトンなどが紹介されています。

それと全体的に可愛いものが多いと思います。

IMG_4248

可愛い建築物たち

 

 

 

 

 

 

 

IMG_4555可愛い教会

 

 

 

 

 

 

 

IMG_4271

可愛い食べ物

 

 

 

 

 

 

 

IMG_4709

可愛いピンク色のスープ

 

 

 

 

 

 

 

IMG_4591

可愛いテレタビーズ(ティンキーウィンキー)

 

 

 

 

 

 

 

IMG_4585

可愛いクラフトビール

 

 

 

 

 

 

 

IMG_4598

可愛いアート

 

 

 

 

 

 

 

IMG_4573

 

 

 

 

 

 

 

なんて可愛いんでしょう。

こと可愛いに関しては日本がNo.1だと思っていたのですが、これらの写真を見ると確実にラトビアは可愛いをネクストレベルに押し上げたと言えます。潔く完敗を認めるしかないと思いました。

 

ヨーロッパは特に写真の最後のアート作品のようにダークなアート作品や映像作品で面白いものが多いです。

テンションが上がってきたので勝手に紹介しようと思います。

 

ヒエロニムス・ボス (Wikipediaへリンク)

オランダの画家で、画像検索すると色々と作品が出てきます。

色々な悪魔が描かれていてどれも可愛いのですが、特にWikipedia内にある作品『快楽の園』の画像の右下に出てくる人間を食べる鳥人間みたいな悪魔が可愛いです。

 

Fantastic Planet

フランスの映像作家ルネ・ラルーによる長編アニメーション。

序盤の人間(オム族)が巨人(ドラーグ族)から逃げるシーンの動きが面白いので、よく真似していました。

 

Mor ve Otesi – Uyan

トルコのバンドMor ve OtesiのUyanという曲のPVです。バンドには興味は無いのですがアニメーションが面白いです。

ストーリーはお金に目が眩んだ人間たちが、ある塔の部品を盗んでしまうと世界が狂ってしまって魑魅魍魎が暴れ出します。

でも最後に竪琴を引く救世主が現れて人間が優しさを取り戻すと世界がまた平和になるという感じだと思います。

平和といえば、行く前はラトビアやバルト三国について全く知らなかったのですが、少し歴史を調べてみるとロシアから独立する際に「歌う革命」と言って平和的に独立する運動があったということを知って、そんな事ができるのかとすごく感動しました。

ラトビアは周辺の国々に交互に支配されてきて文化が混じっているところが興味深く、それでいてまだあまり開発されていない素朴なところでもあり、人々は数カ国語が話せたり、物づくりにも長けていて、日本人として学ぶところが多い国です。

日本流おもてなし

海外に来ると都合下の名前を名乗ることが多いのですが、

だいたい「トモ」と名乗ると

トモ > トマ > トーマス

となってこうなります。

IMG_4044

 

 

 

 

 

どうも。機関車のように移動し続けるトーマスです。
 
フランスのリヨンというところに来ました。

リヨンは丁度ユーロというサッカーの大会が開催されているし宿が高そうだったので行く予定は無かったのですが、友達から泊めてやるから来いと言われたので行くことにしました。
 
友達のサキは5年前に同じようにリヨンに来た時にメトロに乗っていて自分が持っているスケートボードをジロジロみて話したそうにしてたので、話しかけて仲良くなりました。
 
彼は昨年初めて日本に来たのですが、その時自分は同行出来なかったのに、今回「俺の家はお前の家だ」と言ってくれたとてもいいやつです。
ちなみに自分はその時北海道旅行に行ってました。
本当にスマン。
 
サキとは年齢が10歳離れているのですが、お互い精神年齢が中学生くらいなので余り問題になりません。
 
1日に5回ほど「Tomo! Are you happy?」
と聞いてくるので毎回丁寧に答えていればOKです。
 
泊めてもらうお礼にお寿司を作ることにしました。
 
近所のカルフールに行って食材を調達します。

調達した食材
・きゅうり
・サーモン 
・寿司米(ただの白米) 
・醤油 
・わさび 
・のり  
・お酢

最初は酢飯だけ作って自分で好きな具材(サーモン or きゅうり)を選んで手巻きで食べてもらおうと思ったのですが、サキが途中でこれは使わないのか?と何処からか寿司作成キットを持って来たのでそれを使いました。
 
IMG_4049お椀の向こうにあるのが謎の寿司作成キット

 

 

 

 

 

 

そして完成したのがこちらです。

IMG_3685左下:サーモンの押し寿司
右下:サーモンときゅうりの巻き寿司
真ん中:サーモンの巻き寿司ときゅうりの巻き寿司
上:付け合わせのきゅうり

 

 

 

  突然の寿司作成キットの登場で心の準備が出来ていなかったとはいえ、余りの形の悪さに自分でも少し引いたのですが、ふとサキの方を見るととても嬉しそうに写真を撮っていて彼女に送って自慢すると言っていました。
 
自分は最初その出来栄えの悪さとサキの喜びようのギャップに戸惑いを隠せませんでしたが、本人があんなに喜んでいるんだし日本の伝統的な食文化を広められてむしろ誇らしい気持ちになりました。
 
みなさんも簡単に作れてとても喜ばれるので外国の方にお寿司を作ってあげては如何でしょうか?

ではではBon-appetit!
 
IMG_36862日目のカリフォルニアロール

ドイツビールのマーケティング調査

どうも旅するWEB担当のかなやです。

さて自分はドイツでは本当に水よりビールの方が安いのかを検証するためにドイツのベルリンに来ました。

空港を降りるとさっそく目の前にビアガーデンが!

IMG_3358

 

 

 

 

 

 

 

 検証の為、さっそくビールとソーセージを注文します。

メニューが読めなくて困った場合は「あれと同じやつ」か「おすすめのやつ」と注文すればOKです。

IMG_3359

あれと同じやつ

 

 

 

 

 

 

 やっぱり本場のソーセージは美味しいです。

1件目の検証はメニューがドイツ語で読めなかったので、分かりませんでした。スミマセン!!

翌日は社長に会いにミュンヘンに行くことにしました。

IMG_3459

 

 

 

 

 

 

 

 

ここぞとばかりに貧乏旅行で普段粗末なものしか食べていないことなどをアピールして、晩ごはんをご馳走になるだけではなく、なんと宿まで一緒に泊めてもらえることになりました。ラッキー!!

ミュンヘンには世界一のビアガーデンがあるのでそこに連れて行ってもらいました。

IMG_3478

 世界一のビアガーデン、ホフブロイハウス

 

 

 

 

 

 

IMG_3436検証用ビール1リットル

 

 

 

 

 

 

 

IMG_3435

IMG_3437

 

 

 

 

 

 

 

検証の為、浴びるように飲みます。

IMG_3792

検証のお供

 

 

 

 

 

 

IMG_3791

 肉といも

 

 

 

 

 

 

検証結果は、その後何件かメニューで確認したのですが、店によってビールの方が安い場合もありました。

一緒に旅をすると友情が深まっていいものですね!

 

セルビア、ギリシャのファーストフードについて

どうも!旅人プログラマーかなやです。

現在ヨーロッパを移動中です。

今滞在中の宿で同じ部屋の2人組はグラフィティライターらしく、部屋にたくさんスプレー缶が置いてあり、夜中に仲間を連れて何度も出入りしていて、ちょっとしたアジトっぽくてドキドキします。

食べ物はだいたいその国のファーストフード的なもの(だいたいケバブ)を毎日食べています。

最初に行った国はセルビアです。

セルビアは町並みから受ける印象が旧社会主義の面影を残した無骨な印象を受けます。

 

旧社会主義国お馴染みの指導者の銅像。IMG_2846

 

 

 

 

 

 

 

 
セルビアのケバブ的存在はPljeskavicaというやつで値段は200〜300ディナール。だいたい1ディナール=1円です。

IMG_3017

 

 

 

 

 

 

小と大があるのですが大を1個食べておけば1日他に何も食べなくて良いくらいの破壊力があります。

注文して数種類あるトッピングからどれを入れるかを選べます。

生地も肉も野菜もあまりジューシーさが無くソースの味よりとにかく

肉!肉!生地。肉!

という感じで、やはり旧社会主義の面影を残した無骨な味がします。

そんなセルビアを後にして2番目に来たのはギリシャです。

ギリシャはケバブの本場トルコのお隣とあってケバブもクオリティが高いです。

IMG_3290

ギリシャのケバブ1.8ユーロ。

 

 

 

 

 

 

 サラダなどでも見られるのですが、ギリシャのは白いソースがかかっているのが特徴です。

肉の奥にポテトフライが隠れているあたりが、オスマントルコ帝国時代の支配の名残でしょうか。

ギリシャはスブラキという串焼き屋がいたるところにあって、そこでケバブが食べられます。

自分が毎日行っているスブラキ屋さんは老人がたくさんいて安心できます。

IMG_3292スブラキ屋にたむろする老人たち。

 

 

 

 

 

 

一度だけ、たまには別の料理を注文しようと思って出てきたのが、このケバブの中身を特盛りにしてお皿に盛っただけのやつでした。

IMG_3198

 ケバブをお皿に盛っただけのやつ5ユーロ。

 

 

 

 

 

 

ちょっと多いけど生地が無いから平気かと思ったら、丁寧に別皿にカットされた生地が盛られています。

その量に驚いていると、店の親父が無言で「男だったらいけるだろ!」という顔で頷くので黙々と食べました。

株式会社玄海様WEBサイト制作

株式会社玄海様のWEBサイトを制作させていただきました。

株式会社 玄海ではルームクリーニング、清掃、定期メンテナンスの他に、植栽剪定、マンションや室内の脱臭、内装工事、リフォーム工事を行っております。清掃のプロ株式会社 玄海にお任せ下さい!

株式会社玄海

 

株式会社 玄海

 

Salon de Anela様 WEBサイト制作

さいたま新都心・北与野駅にありますネイルサロン・ネイルスクールの
「Salon de Anela サロンドアネラ」様のWEBサイトを作成させて頂きました。

NHKネイル講師のカルジェルエデュケーターによる
丁寧で安全な施術で好評のネイルサロンです。
ネイルスクールも開校していらっしゃいますので
これからネイリストを目指す方にもおススメです。

●Salon de Anela WEB >>

anela

さいたまの法務経営事務所アーネスト様WEB、終活・相続ご相談サイト

 アストンと同じ南浦和にあるアーネスト法務経営事務所様の「WEBサイト」、
「終活・相続ご相談サイト」を作成させて頂きました。

普段なかなか触れない部分も動画で解りやすく説明されています。
各種手続き、終活、相続でお困りの方はこちらのサイト必見です。

アーネスト法務経営事務所 WEB >>
終活・相続ご相談サイト >>

 shukatsu

最近のニュース
過去の記事
PAGETOP